Utility

最近のコメント

Entry

Category: カスタム

バンバン200 なんちゃってキャリア補強の巻。

随分前から、リアキャリアの補強はしたかった。
一度、手持ちの道具でチャレンジしたものの
良い案が浮かばす挫折。

溶接が出来れば一番良いのだろうけど・・・

ちょいと、とある事を計画中で
その為に、出来ればキャリアを補強して安心が欲しい。

調べてみると、別のバイクだが、面白い手法でフレームのネジ穴からキャリアまでのアプローチをしているのを見かけ、やり方は異なるが、チャレンジしてみることにした^^;

まず、バンバンのテールランプ固定ネジは、直接フレームに締め込んでいる。
ここを利用する。

このネジ穴に、この金具を使用する。
ファイル 248-1.jpg

次に、キャリアにどう締め込むか?
トップケースベースがあるので、どうするか悩んだが
荷掛けフックを利用することにした。

使うのこれ。
ファイル 248-2.jpg

そして、これらをジョイントするL字型金具。
ネジピッチが合わないので、少し加工して広げました。
ファイル 248-3.jpg
いやぁこの加工が面倒で・・・
安物電動ドリルが悲鳴あげました。
(もう少し加工しやすい金具にしたら良かった・・・)
これともう一つ、抑えの金具を使います。
(余ってたトップケースベース止め金具)

キャリアのフックには、こうして固定します。
ファイル 248-4.jpg

では取り付けてみますかな。

ファイル 248-5.jpg

取り付けが左右で多少誤差が出るので、ステーの拡張を一度やり直しました。
U字金具のナット締め込みが難儀しました^^;

取り付け前えと、後では、キャリアを押さえた時のたるみは全然減った。

しばらくは、ネジが外れないかどうか、チェックが必要でしょう。
まぁ無くても大丈夫だったので、安心追加って感じです。

費用は、金具類1000円くらいでした。
電動ドリルが3000円。まぁこれは別でも使うので(と言い訳するw)

ただ、トップケース自体がガタつきが大きくなってきています。
空荷で乗ってて、ガタつく音が大きくなってますので。
それと、蓋が少し開いてます。
ロックは掛かっているので大丈夫でしょうが・・・

考え中^^

シーズン到来に向けて、バンバン200のタイヤ交換。

バン子も乗り出して早2年。
中古で買ったので、履いていたタイヤが何時つけたのか?
どれくらい走っていたのか?は分かりませんが

現状、こうなっております。
(フロント2枚リア2枚の順)
ファイル 246-1.jpg

フロントは厚さ的には、まだまだ大丈夫ですが、ひび割れはしています。リアはまぁ減ってますなぁ~

購入してから約1万キロ走行しました。

雨の日など、お世辞にもグリップの良いタイヤではなく
山道の濡れた路面は、怖かったです^^;

それでもまぁ、パンクする事もなくお世話になりました^^
驚いているのは、空気入れたことが無かった事。
レッドバロンの窒素ガス効果なのかどうかは分かりませんが
良いことかなぁと思ってます。


さて、タイヤ交換に当たり、以前書きました
予定通り、シンコータイヤSR428を入れます。
前回の見積より(1年前)2千円ほど上がってました・・・

そう結局、レッドバロンでお願いしました。
タイヤ自体の単価は、レッドバロンのほうが、ネットより安いです。(送料考えればもっと安い)
工賃がもう少しリーズナブルならなぁ~・・・・

でも、次回は違うやり方をする予定です。

何故なら・・・
ファイル 246-2.jpg
分かり辛いですが、錆びてます。
そのせいで、リアはチューブも交換しました。
バルブなんかサビサビでした^^;;;

このサビがあるので、次回は一旦タイヤを外し、ホイール内のサビを落としてから取り付けたいと思っているので
ホイール持込での取り付けを考えています。
自分で、全てやるかもだけどねw


で、取り付け終わったのがこれ。
ファイル 246-3.jpg

印象。丸い^^;
k180はどちらかと言うと、楕円(すり減ってるだけとも言う)
ブロックパターンは、トライアルウイング TW203 204に似ている(そっくりかも^^;;)
お髭が素敵^^

メモ用に交換Km。
ファイル 246-4.jpg

では、試乗しますかな。

レッドバロンまで自宅から約25kmほど。
途中、いつものお山を経由して帰ろうと思います。

まず、車高が少し上がった。
そして、コーナーで勝手に曲がっていく。
違いすぎです^^;
ある意味懐かしい感覚w

新品は滑るので、かなり慎重に走ります。
車線変更の挙動も違うからねぇ~

振動は、気持ち減った(ブラシーボ効果の可能性大)
道路の縦溝がある場所があれば、差がはっきり出たかも?

お山(峠)に入りました。
左コーナーは、スムーズに寝かせられます。
右コーナーはタイヤが先に寝てしまう感じ。
これは、私が右コーナー苦手だからです^^;;;;
じき馴染むでしょう。身体がw

という感じで、慣らしをしてきました。
ゆっくりじっくりな感じで走って来ました。

いやぁ~至る所に桜が咲いていて、天気も良くて暖かくて
気持ちのよい超プチツーでした^^
ファイル 246-5.jpg
バン子には次なる改造計画の序章的なな物を付けています。
最後のタイヤは、私のチキンっぷりでございます。
寝かせたと言っても、この程度なのさ^^;;;;;;;

耐久性・雨天時のグリップ感などは、後日。

オブジェ・・・

バンバン用フロント16丁スプロケ~・・・・

まぁバンバンと言っても、海外用なんですがね。
RV125

同じやないか~い!!

って思うでっしゃろ。

だから発注したんだよ。

したらさ!
チェーンサイズ428なんだと。

海外お取り寄せだったもんで、取り消しもできず・・

で届いたのがこれなんだが・・
ファイル 238-1.jpg

JTスプロケットに無いので他メーカーとの事だったが
AFAMが来るとは・・・

ガレージにでも飾りますかね。


まぁリアスプロケ交換で満足してるのでいいんだけどねぇ
フロントで良かった^^;;安いのでw

スプロケリベンジ!Part3。我慢出来なかった^^;;;

一応付いたので公開します。

本日帰宅すると、予定日より早くリアスプロケが到着してました。

購入したスプロケは、JT Sprocketsの、LT230Eの44丁です。
SUZUKIのバギー用です。

その昔、スプロケ交換しようと調べていて
ひだんさんのブログに出会い、LT230のスプロケ(ノーマル41丁)が合うと教えていただいたのですが、suzukiでは注文できず・・・
諦めていました。
後に41丁だと、高速性は上がるものの乗りにくいかも?
と聞いたので、AFAMの44丁で試そうとしていました。

ところがAFAM(現ザムス)は、バンバン200用の44丁は品切れで
(夏前から)商品がありません。

で、違うアプローチで探して見ることにしました。
要は、JT Sprockets LT230で調べたんです。

見つけたのが、こちらのサイト。
PartsOnlineShop-ATVさん。
ここで、LT230Eのスプロケが買えるじゃぁありませんか^^
しかも円高還元10%OFF中。
丁数は、39~42・44とあるようで、44丁のお値段を問い合わせました。ついでに、JT Sprocketsサイト内にある海外製vanvan125のフロント16丁も問い合わせました。

結果、44丁リアは4000円。
送料と代引き手数料が1500円。
円高還元で-400円。
で5100円でした。

フロントは無いそうです。


で、本日届いたのが、こんなスプロケット。
ファイル 231-1.jpg
黒いです^^
地味でいい感じです。
ただし、こちらの商品レース用です。
一般公道用では無いので、使用は自己責任ですなぁ~
耐久性に問題あるんかのぉぉ?

穴が4つ多いのは、軽量化と思うことにする^^;;;;;

さぁ~
ちゃんと着くのか?
どうなんだろう?

そうだ!
取り敢えず、サイズ見てみよう~^^

ファイル 231-2.jpg
こんな状態に・・・・・
外からじゃ、良くわからんのじゃ!!


で、比較。
ファイル 231-3.jpg
ネジピッチやハブ径は合うものの
全体的に径が小さい。

私、スプロケ交換なんぞ初めて。

良くわからん・・・・・

しばし、一服。

眺める

う~ん?

ま、ノーマル外そう。

外して比較。
やはり外周が小さい。
46丁→44丁で外周小さくなるのか?

わからぬ・・・・

まぁ付ければ分かるか?

と訳の解らん結論に達し

付けてみた。
ファイル 231-4.jpg
少し、ガタつく。(勿論ネジ締めこんだらガタつか無いよ。)
品質の問題か?
悩む事数分。

ネジ締めこんだ^^;;;

さ~取り付けだ。
問題は、チェーン。
外周も小さくなり、歯数も減った。
現状のチェーンのコマ数で付くのかどうか?

チェーンカッターもカシメ道具もパーツも無い。
伸び代が無いならノーマルに一旦戻さなければ・・・

よっこいしょ。
スペーサー面倒・・・・・もう1個手が欲しい・・・


うわーーい!
メンテナンススタンドがどんどん奥に移動しよる・・・

などと、格闘すること数分

シャフト入った^^

チェーン調整してさぁどうだ!!
ギリギリセーフ?
ファイル 231-5.jpg

まだ1.5cmくらいは伸び代ありました。


早速試走。

感覚ですが、予想通りです。
4速60km付近でのエンジン音に余裕を感じます。
これだけでも交換の価値あったかな?
タコメーターがあれば、実測できるのですが
所詮は私の感覚。
当てになりません^^;;;;;

試走もたかだか数キロですしw

乗りにくいって事は無かったので一安心^^

後は、今度のツーリングで分かるでしょ

試走後、各部ナットの締め付け確認して終了~
(もっかい軽く締めただけw)

しばらくは、リアを良く点検しながらの走行ですなぁ~

どうなることやら~~

スプロケリベンジ!Part2。到着前に・・・・

予定より3日早くリアスプロケット到着。
交換は後日として後はフロントスプロケット到着を待つのみ!!

フロントスプロケットを調べたら
ある事に気がつく・・・

RV200(バンバン200)02~
チェーンサイズ520。

RV125(バンバン125)03~
チェーンサイズ428


ん?


サイズ違うやんけーーーーーーーーーーー・・・・・・・・・

 

 

これでお部屋に素敵なオブジェが出来ました^^

 

 

って、んなわけあるかーーい!!

 


取り敢えず、発注元に連絡して、商品変更出来るか聞いてみよう。

出来なきゃ、オブジェじゃ。

スプロケリベンジ!

バンバン200用のリアスプロケ。
AFAM(ザムス)には蹴られ・・・

海外に走った^^;;;

バンバン用では無いが、LT230のバギースプロケが合うであろう?
(合わなくても自己責任にんw)って事は事前に教えてもらってたので
そのラインでまず調べた。

結果
海外のスプロケットメーカーにあった。
後は、そのメーカーを取り寄せてもらえるショップを調べ
いざ発注。
ちなみに、37, 39, 40, 41, 42, 44 と多数歯数を選べる模様。
お値段。4000円+送料1100円の5100円。

更に気になる物をスプロケサイトで見る。
RV125のフロントスプロケだ。
海外製バンバン200ですなぁ~
RV125は標準でリアが歯数51とトルク重視。
そのメーカーにも、49と51が有るのみ。
所が、フロントは13, 14, 15, 16, 17 と存在する模様。

じゃぁ注文できないかなぁ~
と発注ショップに問い合わせたら昔のバンバン1973-1974モデルRV125なら有りますとの解答だった・・・・

サイトに載ってるんだし、きっとあるはず!!
とさらに潜った。
そのメーカーのスプロケと取引のある別ショップに問い合わせた。
そのメーカーでの設定は無いですが、他メーカーなら16丁のフロントスプロケが取れるとのこと^^
2520円+送料500円。
ただし!納期が凡そ2ヶ月。
他メーカーに同じ設定の物が無いか調べてくれたが無いそうだ・・

こりゃまぁ気長に待つかなぁ~
と発注しちゃった^^;;;

結果、フロント16丁。リア44丁のスプロケ待ちとなった。

取り敢えず、付くかどうかグレーゾーンなので
今回は、取り寄せショップ。
スプロケメーカーの記載は控えておきます^^;;

駄目だったら、失敗したー!!!
ってタイトルのブログが載ることだろう^^;;;;;;

また蹴られた・・・・

友人からトルクレンチを貰ったので
せっかくだし、スプロケ交換行ってみよう!!

と、発注。

メーカー在庫無しでキャンセル・・・


う~~

交換するなって事なのかねぇ~

戻したり、交換したり・・・・

今回のツーリングで、少し違和感を感じたのが
スロットル。
なんとな~く、外れる?
って感触。

このままロングに出るのは嫌なので、ノーマルに戻すことにした。
ファイル 208-1.jpg
このグリップに交換1回目を含め3度目のグリップはめ込み。
いい加減、グリップのゴムも伸びた。
何の抵抗もなくノーマルにハマる。
伸びすぎなので、ビニテを巻いて調整w

まぁOKかなぁ~な所で完了。

ハイスロ期間、半年でしたが堪能できました。
効果は・・・・・微妙だと思ったw
取り付けがもう少しカチっとしてたら良かったかなぁ~
メインの留めネジが長さ5mmほどしか無く、外れそうで怖かった。
それでもまぁ2000円分楽しんだかな^^;;;;;

ちなみに、新しくハイスロ導入する気は無いですw


そして、Xperiaマウント。
爪が折れたんだよねぇ~
ファイル 208-2.jpg
それとガタつき。

爪が折れたので、取り付け取り外しでXperia本体に負荷がかかる。
ただでさえ、抑えつけ等で、SD&SIMの認識が悪くなるので
交換することにした。

同じ物は、何故か安いところで見つからなかったので

別のものに交換。

今回は、MINOURA iH100Sに決定~

ただし、私、間違えて購入。
iH100Mを買ってしまった^^;;;;

クランプ径が合わない~~


っと言いつつ。
想定内^^;

ってか、最初から付属クランプ使う気無しw
ファイル 208-3.jpg
真中のネジ穴を少し広げ

ファイル 208-4.jpg

自由雲台直付けw

雲台の方が、角度などの自由度が全く違うのでw

初めからこうするつもりだったとは言え、クランプが無駄になった・・・
クランプなし売ってれば良かったのに・・・・


で、完成~
ファイル 208-5.jpg

この商品は、正直落下が怖い。
と言うのも、両サイドから抑えこむタイプなんで
中のギアが擦れたら外れるはず。

ワンタッチオープンは便利なんだが
触れたら外れるので、ガタガタ道で外れるかもねw

落下防止は必須だね。
後、雨天時、ユニットごとしまい込む必要アリかな?
防水じゃ当然ないだろうしw

さて、明日の夜はオイル交換しようかなぁ~^^

タイヤ~

今日、バン子の自賠責保険が切れるので、レッドバロンへ行って来た。
まぁ自賠責保険は何処でも切れるのだが、顔つなぎ&聞きたいこともあったので、ついでがあったので行ってみた。

それは、タイヤのお話。

バンバンのノーマルタイヤは、ダンロップのK180である。
ダート用というかなんというか・・
アスファルトでのグリップは御世辞にもよくない部類だろう。

そろそろタイヤも摩耗してきたし(ヒビも少々)交換したいなぁ~
と思っていた。

ただ、バンバン200。
タイヤ形状が特殊である。
フロントタイヤ(130/80-18)は、まだ種類が豊富だが
リアタイヤ(180/80-14)が無い・・

結局、候補としては
ダンロップK180か
ブリジストン トライアルウイング TW203 204
しか見当たらなかった。

まぁブリジストンでいいかなぁ~
と思うものの、今ひとつ面白くない^^;;;;

ふと、以前見たバイクを思い出す。

このバイク、バンバンと同じフレームなんですよ~

ん?

と、レッドバロンで一度聞いたような・・・・・

それが、HYOSUNG(ヒョースン)のRT125Dだ。
雰囲気も少し似てるでしょ^^

で調べると、同じサイズのタイヤなんですよ~

しかもメーカー不明・・・・
見た目、ダンロップとも、ブリジストンとも違う。
ブリジストンに似てるかな?

オンロードタイヤっぽいじゃないですか!!

で、レッドバロンはヒョースンの代理店なわけだし(多分)
タイヤ注文できるかなぁ~
と聞いてみた。

 

結果。


出来ます。
メーカーも分かった^^
シンコータイヤです。

この中の、SR428がバンバン適合のタイヤです。


見積もってもらったら、ブリジストンのTW203 204のセットより約10,000円安かったです^^


近々交換します^^

どうなるかなぁ~

あ~そうか~

サイドバックを付けることで
不可能になった機能が一つ・・・・

ヘルメットホルダーが使えない!!!

しか~し!
これは対策考慮済み^^

以前ヘルメット落としたとき、ひだんさんより、これが便利ですよ~
と教えていただいた物で大丈夫と思っていたので^^

それが、スズキ チョイノリ用ヘルメットホルダーです。
ファイル 159-1.jpg
価格1000円ほどです。

角度を変えて~
ファイル 159-2.jpg

さて、何処に付けるか。
ハンドルバー。
フレームの何処か。

結局、突然の雨でも余り中が濡れないようにミラーに被せて固定が一番いいかなぁ~

このように取り付けた。
ファイル 159-3.jpg

ところが・・・・

交換したミラーは割と大きい。
そのため、フックに届かない・・・・
(ジェットヘルは届いた)

悩むこと数秒・・・・

ミラーノーマルに戻しました^^;;;;;;

直ぐ戻したのは、あまり交換したミラーを納得してなかったためだったり^^;;;

ファイル 159-4.jpg

これで一安心^^
問題は・・・・・・・・・鍵が増えた^^;;;;;;

Pagination