Utility

最近のコメント

Entry

Category: カスタム

Xperiaマウント計画。その3。マウント編。

シガーソケットは無事に取り付けた。

充電するだけならこれで完成なのだ。
タンクバックの中に携帯電話やXperiaを入れれば充電できるからねぇ^^

しかしこうなると欲が出てくる。
タンクバックにXperiaでもまぁナビは出来る。
画像参照

しかしこれ。完全に下を向かないといけないので、正直信号待ちの時くらいしかまともに確認できないんだよねぇ~
当然操作も出来ないし・・

なのでマウントするための機器を探してみた。

いやぁ~世の中iPhoneには優しいよねぇ~
iPhone用だと防水ケースから何から様々なパーツがある。

Xperiaはその点ほとんどの製品が「iPhone用だが利用できます」な物ばっか・・
それらの製品もレビュー等を見ると、実際は使用できないとかがあったりする。

そんな中、Xperia専用な物が少々出てきた。
KAOKAって所の自作マウント。
Amazonでも買える、外国製のXperiaマウント

この2点でかなり悩んだ。
kaokaのはかなり頑丈そうで安定性も良さそう。
ただ画面の縦横に対応できなそう。
お値段も送料入れると高めだし・・

もう1点のほうは、自由度は高いが脆そう・・
ただ、こちらのマウント付けているかたのブログによると
Xperiaを固定するステーとそれを繋ぐステーが優秀なのでこれだけでもいいかも?
的な事を書いていた。
この時、あぁこれは、あれに応用できるかなぁ~?
と漠然と思った。
何より送料込みで1500円ほどなので安い^^

結局2番目の方を買うことにした。

ついでに必要なものを購入。
USBカーチャージャーXperia用ケーブル
Xperiaのケーブルは、通常タイプだと良くあるUSB充電器では充電出来ないのだよ。PCは別。
これは充電とデータ転送との切り替えが出来るので便利なんだ^^
USBカーチャージャーのほうは、スッキリ収まるので良さそうでしょw(まさか届かないとは夢にもおもってませんでしたさ^^;)
ケーブル替えれば携帯も充電できるしねw

以上3点をamazonで購入。
で、来たのがこれ。
ファイル 130-1.jpg
下は、マウントの中身。

それでですなぁ~
早速取り付けたんだが、ちょっとキツメに閉めたらスグ折れた・・
右の赤丸の中にナットと丸型のプラスチックがあるのだが
それが速攻折れました・・・
やっぱり脆いわーー
(締め過ぎと言われればそれまでだが・・・でもこれは折れるぞ!!と言いたい)

で、結局この脆いパーツを使うのはやめて、赤丸の2点だけ使うことにした。

台座は、車載カメラ用の雲台とマウント。
これを応用することにした^^

雲台へはこのように付けた。
ファイル 130-2.jpg
クッション素材を入れて大きめのワッシャをかましてナットで固定。自由雲台なので様々な方向に動きます^^

取り付け場所は、センター。
付属のマウントだとここには入らなかった・・

で、このような形で収まりました^^
ファイル 130-3.jpg

やはり、このXperia固定部分と取り付け部分は優秀w
しっかり固定できます。
自由雲台なので、横も縦もスムーズですw
角度も自由がきくし^^

それでは、Xperiaを取り付けた状態の画像です。
ファイル 130-4.jpg
写真ではメーターランプ類が見えにくそうですが
乗ると普通に見えます^^

使ってみて見にくかったら、また位置を替えればいいだけなので
取り敢えずはこれで、どっか走りに行きます。

ちなみに取り外した状態。
ファイル 130-5.jpg
スッキリしてるでしょ^^


さて、実際充電しながら近所を低速走行したのですが
まぁ取れることは無いだろう。
ホントは、ある程度の速度を出してテストしたいんだが・・
ないんです・・・

あれが・・・・

 

携帯ストラップが・・・・

 

私、普段はストラップ付けてません。
携帯電話も。

なので落下防止措置が出来ないんです^^;;

じゃぁ手に入れるか!と、便利そうなストラップを現在入札中なのだ。
100円だけどね^^(送料込みで180円^^)

それが落札出来れば、テスト走行にいきたいと思います。


まぁ問題は、雨降ったら即撤収ってとこかな。
ビニール袋巻けばいいかなぁ~とも思ってます。
風防の内側に入ってるのでバタつき少ないと思うし^^


こんな感じでかなり満足にXperiaのマウントが出来ました。
ツーリングで活躍出来ることを祈りつつ終わります。

ではでは^^

Xperiaマウント計画。その2。シガーソケット取り付け完成編

リレーBOXの位置が問題。

でもまぁここかなぁ~って場所がツールBOXの上。
線やカプラの束をかき分け配置しなおしこんな感じで設置。
ファイル 129-1.jpg

そして配線図の通り
いや1箇所変更して取り付けていきます。

DCステーションからのプラス端子を黄色へ。
バッテリープラスからの線を赤色へ。
テールランプ線のオレンジから分岐した線を青色へ。
そして変更点。
DCステーションマイナス線とリレー黒線を連結しバッテリーマイナス端子へ。

これらを綺麗に連結し、配置した状態。
ファイル 129-2.jpg

バッテリープラス端子へは、このように配置しました。
ファイル 129-3.jpg
マイナス側も、まとめてスッキリ^^

後付のヒューズBOXはビニテで巻いておきました。
ファイル 129-4.jpg
元々ついていたのは、まぁちょっと・・・(スプリングどっかいったって言えない^^;;;;)

で最後に線の流れを説明?
ファイル 129-5.jpg
赤○はヒューズだよw


所々タイラップで固定し完成です。


DCステーションのバグ?が無ければとっくに完成してたのにねぇ^^;

さて、次回はXperiaマウント編です。

これもトラブルが・・・・^^;;

Xperiaマウント計画。その1。やり直したシガーソケット取り付け編

さて。
まさかの非接触だったDCステーション。

調べると、個体差ではなく仕様みたい。
では、どうするか。
接触部分を盛る。3mmほど電導素材を盛ればいいんだが・・・
面倒^^;;;

で、調べたサイトの方法を採用!!

これだ!!
ファイル 128-1.jpg
キャップ取り付け部分を飛ばす。
飛ばした後でも多少不恰好だが、キャップははまります。
落下防止してるし、まぁ抜けないだろう^^

早速仮取り付けしたら問題なく通電しましたw

では、取り付け編開始~~


何はともあれ、取り付け場所。
ウインカー類のケーブルに沿わせてバッテリーまで行くので
ハンドル左側に設置。
ファイル 128-2.jpg

フレームに沿って取り回します。
(タイラップ止めてある場所を通していく感じ)

ちょうどこの辺りにヒューズを配置しました。
ファイル 128-5.jpg
いい感じの窪みがあるので収まりがいいです。

バッテリー付近で出しておきます。

次にリレーの取り付けです。
バンバン200のサービスマニュアルによれば
テールランプの配線がカプラー後ではオレンジ(カプラー前ではグレー)がキーONで通電します。
これねw
ファイル 128-3.jpg
ですのでこのオレンジ線に1本割りこまさせます。

今回はハンダを利用しました。
オレンジ線の途中で皮むき。
リレーに繋ぐ線を一緒に巻き巻きw
ハンダで連結。
結果こうなる一連画像。
ファイル 128-4.jpg

これでリレー接続へのの準備完了です。

次回は、配線完了までかな^^

ショック!!!!

今日は午後から時間があったのでシガーソケット取り付けたんだ~

前回書いた通りに配線したんだ~

細かいところは完成したらUPするとして

開始から凡そ2時間後・・

NG。通電してない・・

リレー配線間違えた?

直接バッテリーに接続。

NG2。通電してない。

もしかして、逆につないだ?

NG3。通電してない。

通電確認のシガーUSBが初期不良?

NG4。車で確認するとLED点灯。

あ!付属のヒューズ飛んだ?

NG5。飛んでない。

なんかここユルイぞ!!ヒューズ取り付けコードが緩い。
軽く引くと外れた・・・をい!

付け直し、確認。

NG6。通電してない。


と、このように色々試したのですが駄目でした・・・


確認用のシガーソケットUSBは壊れていない・・・

 

 


ん?

 

 


おや?

 

 


あれ?

 

 


いやぁ~まさか^^;;;;

 

 

そんな馬鹿な~~~!!!!!!

下図参照。

 

その1
DCステーション。
ファイル 127-1.jpg

 

 

その2
USBアダプターソケット。
ファイル 127-2.jpg


届いてないやないかーーーーーーー!!!!!!!!!


私の4時間返してください・・・トホホホホ~

シガーソケット。

Xperiaをツーリングで使用しだしてから
やはり欲しくなってきた充電設備。

過去防犯ブザーでバッテリー消耗という経験を生かし?^^;
今回は慎重にやってみよう!!

まずこれがないと始まらないので
シガーソケットを購入。
ドラスタで2000円でした。
それが、MCシグナル DCステーション・シングル
ファイル 126-1.jpg

防水機能とハンドルクランプ付きなので購入。

USB付きやダブルも考えたが、あまりバッテリーに負担を与えないほうがいいだろうと思い、シングルタイプにした。

さてこのソケット。
取り付けはいたって簡単。
バッテリーに直接付ければOK。

なんだが・・・・

その方法だとソケットに絶えず電気が流れる状態となり
漏電の危険を孕む(付け忘れとかw)。

色々調べていくと、4極リレーを使うと良い感じ。

リレーとは!!
電気が流れるとスイッチが入る機械。

そこで近所で4極リレーを買ってきた。
エーモン工業1245 4極リレー
900円なり~
ファイル 126-2.jpg

後は、配線コードやら接続金具など(昔買ったのがあるのでそれを使う)

一応自分なりの配線図等を書いてみる。
実に適当なので、これを参考にする場合は自己責任でね^^;
ファイル 126-3.jpg

さぁ取り付け作業へGO!!!

とその前に・・・・

Xperia常用ナビ計画という裏テーマを併用する。
なので取り付けは、Xperiaマウントが届いてから行います。
マウントKITは1300円ですでに発注済み!
良くある林檎マークとの併用ではなくXperia専用のやつだよ~

さぁうまく付くかなぁ~^^

パワーケーブル導入。その2。やっちゃった・・・・

さて、既存のプラグを外します。

一応比較w
ファイル 123-2.jpg

付属のプラグ端子を取り付けて挿し込みます。
(最初プラグ端子の存在知らずに付けてあれ?っと思ったのは内緒w)

ファイル 123-3.jpg
新しいプラグは良いねぇ~
過去ネジ式のプラグしか付けたことが無かったので
カチっとハマるこのタイプは新鮮です^^

ファイル 123-1.jpg
さて、このように着いたのですが、少し不安が・・
キャップがエンジンに当たるんだよねぇ~
タイラップでケーブル位置調整したほうが良いのかなぁ?
耐熱で溶けないなら良いんだが・・


と、この日はケーブル取り付けだけでは終えなくて

メンテナンスデーとしました。

タンク外したついでに、清掃ですよw

ジャッキアップし、チェーンも清掃。

全体的に清掃も終えて、タンク・シートと取り付け完了・・

のはずが・・・

シート取り付けネジ折っちまった~~!!!

ポキっと見事に折れた・・

家には折れたネジをさらう道具は無し・・

例のごとく友人のバイク屋へGO!!

ドリルでネジに穴を空けます。

その後、さらう道具を突っ込みます。
ファイル 123-4.jpg
幸い、突き抜けれる場所(ネジ穴が貫通してるってこと)だったので、ねじ込んで抜けました^^

折れたネジがこちら。
ファイル 123-5.jpg

しかし、どんくさいなぁ~私・・・・反省・・

 

おっと、パワーケーブル&プラグ交換の効果ですが
スムーズになったかも?

長距離でて実感しますかねw

パワーケーブル導入。その1。順調にw

暇な夜・・

某オークションでバンバン200で調べ見る。

何かこうバン子にとって良いものはないだろうか?
お!こんな手があったか!って発見はないか?

ってな事を考えページを見ていくんですよ~^^;

そんな中、パワーケーブル&イリジウムプラグのセットって良く見かけます。
NGKの製品ですねぇ~

現在特に点火系の不満は無い・・かなぁ~?
と思案する。

そういえば・・・

関係するかどうかの疑問は残るものの
エンジンの安定性に不満があるのですよ~

長距離走ると常々思うのですが
「あれ?さっきこんな音だっけか?」
「あれ?さっきこんな無理に回ってる感じだっけか?」

同じ速度なのに音や振動が違う。
(一応平地での話)

高速道路でSA入る前と後で振動が違う。

シングルエンジンなので、こんなものか?
と言えなくもないが、GBの頃はそんなに感じる事は無かった。


エスクード乗っていた頃、SUZUKIのケーブルは弱いと車屋の友人が言っていたのを思い出す。


と長い前置きはそこそこに^^;;

パワーケーブル&イリジウムプラグの導入です。

NGKのパワープラグは色の種類が派手です。

私は余り主張したくないので黒をを導入w

某オクでは黒が無いため某ショップで注文。
某オクとの値段差無しw

届いたのがこれ。
ファイル 122-1.jpg
送料込みで3600円でした。

さて説明書を読むと
イグニッションコイルから8~10cmの所を切断とある。

見てみると、タンク外さないと作業しにくい。
なので外します。
ファイル 122-2.jpg

イグニッションコイルがよく見えるので切断。
この辺りを切りました。
ファイル 122-3.jpg

次に切断したプラグコードの長さに合わせてパワーケーブル切断。
ファイル 122-4.jpg

そして付属の接続ジョイントにねじ込むのですが
バン子のケーブルは皮が付いています。
なのでその皮を2cmほど剥きます。
ファイル 122-5.jpg

これでねじ込めば完成ですねぇ~

実際ねじ込むのですが、中々入りにくいですよ~


とこのように順調に作業していたのですが
最後にやっちゃいました・・・・

次回・・・はぁぁやってもうた~です。

ハイスロ。その2。伸びただけなのかどうか・・

作業も終え、後はグリップ付けて完了さ!!

とここまでは良かった。
ファイル 121-1.jpg

画像見て分かるように、かなり細身だ。

グリップはめる。

ユルユルだったりした・・・

ノーマルスロットルが太すぎて伸びたのか
単純に細すぎたのか・・

まずはボンド付けて10分放置。

すぐ滑った・・・

ビニールテープを2重巻き。

意味なかった・・・

何処まで巻けばいいんやーーー!!!ってくらい巻いて
ようやく滑らなくなった。

エアーコンプレッサー無ければ難儀しただろうなぁ・・・

取り付け拡大。
ファイル 121-2.jpg

こんな感じで収まってます。

そして完成。
ファイル 121-3.jpg


早速実走。

う~む。変わったんだよねこれ^^;;;
って程度の変化です。
当然、握り直しの必要はなくなったよw
なので目的は達成w
開閉は確かにシビアになったが、操作しにくくなった
って事は無く、しやすくなったよw

いい感じで出来たんじゃないかな^^

元々のスロットルが結構ガタガタ動くタイプだったので
ガタつきが多少収まったのも良かった^^


ただ欠点が・・
ミラーが見えにくくなった。

ハンドガードとハイスロと連続して内側に追いやったからねぇ~


う~んと、これ!
ポチ^^;;;;;;;;;;;

ハイスロ。その1。やっぱり穴・・

さて年末に買ったハイスロKIT。
年明け到着しました。

送料込みで2700円ほどの品物です。

ファイル 120-1.jpg

そもそもハイスロを購入した理由は、稀にスロットルを握り直す事があるためだ。

でもまぁ、試してみたい!ってのが大きな理由なのは内緒w


さて、取り付けとなると当然出てくるのが取り付け位置。
今までのスイッチ位置じゃバーエンドから1cmほど出てしまいます。

なので友人のバイク屋へGO!!

缶コーヒーで買収し、いざ穴あけ^^;;;

結果このようになった。
ファイル 120-2.jpg

正直穴開けずに、スイッチの突起部分を飛ばしたほうが楽なんだが、そこは妙なコダワリで開けました。

ついでに、旧スロットルからグリップを外してもらったw
エアーコンプレッサーあればグリップ外すのも付けるのも楽なんよ^^

さて、このハイスロKIT。
家のバン子で取り付けると問題がある。

ファイル 120-3.jpg
↑画像で分かるように、スロットルケーブル固定の鉄枠?が多少出るのだ。
このまま固定すると、その部分が回すときに当たります。

なので
ファイル 120-4.jpg
ワッシャをかまして突起が出ないように調整しました。

ハイスロKITには数カ所ワイヤー固定の穴があります。
自分のバイクのワイヤーの遊びと相談しながら場所決めましょうw

ちなみに私の場合、手前から2番目の穴で程良く収まりました。

結果、このようになっております。

ファイル 120-5.jpg

あまり違和感なく収まったと思いますよw


これで完成!!!・・・・・・と

言いたかったのですが、次回に続きます。

手の防寒対策の結果。

手の防寒対策。

普通に考えれば、まず冬用グローブ。
それは購入した。
それには問題が・・・

ゴツくて操作しにくい&外しにくい・・

長距離はそれでいいけど、近場は面倒^^;;

では何故、手が冷たくなるのか!
直接風邪が当たるからだ。

ではハンドルカバーはどうか?

良いのだが、窮屈だし、スイッチ操作しにくい・・
しやすくするタイプは、大きくて高い。

そこで、こんなモノを買ってみた。
ファイル 116-1.jpg
ハンドガードだ!!

大きめのタイプのほうがいいのだが、グリップエンド固定の物になるので嫌^^;;

なので小さめの物にした。
3000円ほどです。

早速取り付けw

まず右(アクセル側)。
ファイル 116-2.jpg
矢印部分に空きができるがブレーキ操作に支障なし^^
いい感じの角度で取り付けできた^^

そして左(クラッチ側)
ファイル 116-3.jpg
丸の部分がスイッチケースに当たるので広げられない・・
なので角度が少し低いような?

とりあえず友人のバイク屋までテスト走行!!

案の定、左の上部が冷たい・・
もう少し角度を上にしたい!!

相談して、加工と相成った^^

引っかかっているのは、クラッチレバーのスイッチを押す部分。
これは、ギアが入っている状態でのエンジンスタートを防止するためのスイッチを押す部分。
押さえてればセルが回らないようになってます。

ここを多少削れば、もう少し角度を上げれます。

早速加工。

サンダーでゴリゴリ^^

結果こうなりました。
ファイル 116-4.jpg
かなり大胆に削りました。(削ってもらいました^^;;;)

取り付けて、走行テスト。

問題解決ですw

薄手の革グローブですが、かなり快適でしたw

ファイル 116-5.jpg


ハンドガードかなり効果あります。
見た目も良いし←(これ重要^^)

これに冬用グローブでOKな感じですw

さて師走だ!
どっかツーリングでも行きますかねぇ~^^
日本海側に行きたいとこだが・・雪が怖いからなぁ~
何処行きましょうかね^^

Pagination