Utility

最近のコメント

Entry

Category: ツーリング

北海道ツーリング 2012。その2。フェリーで2泊は・・・

6月17日。
朝6時頃目覚める。
天気はどんより・・
ファイル 279-1.jpg
まずは、目覚めのお風呂^^
スタンドでモーニングを食べて、しばし寛ぐ。
二度寝開始~

お昼頃目覚める^^;
バイキングで昼食。
食後、お風呂に入る。
流石に眠れない^^;

暇だなぁ~
とアナウンスが・・
「きそ」とスレ違いイベント。
取り敢えず乗っかる^^;
ファイル 279-2.jpg

しばらくすると、再びアナウンスが
「船内コンサートが・・」

勿論乗っかる^^
ファイル 279-3.jpg
三味線とピアノな異色コラボw
聞き入る^^
生演奏は良いよねぇw
この距離だしねw

そうこうしているうちに、仙台到着。
ファイル 279-4.jpg
天気回復傾向^^
下船出来れば、多少楽しめるんだが・・・


夕食前に、三度お風呂。
やることないんだよ!!!
映画館も連続で上映してたんだが・・・・
(好みの映画が無かったんでスルーしたw)


夕食と言うなの宴会w
ファイル 279-5.jpg
冷やし手羽元と言うものを食べた。
(まぁ揚げたての熱々の方が美味しいよねw)
宴会はそこそこな夜まで続けましたw

それなりに楽しんで過ごしてますが、昼間ダラダラのツケは夜に来まして、眠れませぬw

そんな夜中、向かいの寝台の人と話し始める。
彼は、名古屋から乗り込んだものの、丸1日眠っていたそうだ^^;
北海道出身らしく、色々と話を聞きました^^
富良野にある北海道の「へそポイント」
学校の校庭にあるんだってさw

等明け方4時頃まで話してました。


こうして長い1日が終わりました。
いやぁ~
暇だよw
船内イベントは積極的に参加方向で行くのをオススメしますw


ここで豆知識を一つ。
全部のフェリーがそうかは、分かりませんが
基本出港すると、駐車デッキには入れません。

でもね、太平洋フェリー「いしかり」では、クルーの人付き添いなら忘れ物など取りに行けます。
聞いてみるもんだなぁ~

後、お茶2種類&水が飲み放題だよw(熱いの冷たいの両方)
これあるお陰で、船内では酒しか買ってません^^;;;

 

さぁ次回は上陸です。
苫小牧に太平洋フェリーで上陸するのは2回目。
さぁツーリングの始まりだ!!

北海道ツーリング 2012。その1。出発。

6月16日。
雨です。
安定の雨です・・・
本日のルート

大きな地図で見る

この日、大阪から名古屋までの道のりに希望はなく。
雨走行の覚悟は前夜からしていました。

17:30までに港に着けば良いので、高速利用すればゆっくり走行でも3時間あれば着きます。

なので、出発直前まで早朝から天気情報と睨めっこです^^
雨の切れ間を探ってましたw

どうやら、9時頃から11時頃に雨の切れ間が訪れそう。

予定13時出発だった計画は、ここで見事に崩れました^^;

ともかく小雨霧雨は降ってるものの、大雨が来そうなので
出発です。


長期ツーリングでの出発時雨はもう恒例行事です・・・
最初から高速を使い一気に進みます。
写真なんて撮影する気にもなりませんw
SAでの1枚だけ撮ってました。
ファイル 278-1.jpg
シールドの雨が泣ける。

亀山SAで休憩し、軽く昼食を食べたのですが(コロッケ1個)
直ぐに大雨に変わり、ガソリン給油も兼ねてまたSAにin。

大雨をやり過ごします。
時間だけは余裕あったしね^^

そこにBMWアドベンチャー乗りの方がいまして
話し始めると、同じフェリーに乗ることが判明。
雨脚見ながら、話をし、じゃぁフェリーで飲みましょうとなりました。

雨脚が弱くなったので、給油して出発。
伊勢湾岸道での強風&大雨は、どうにか避けれましたw
雨は降ってたけどねw

フェリーターミナルに着いたのは、14:30。
まぁ早すぎだよねぇ~。

幸いBMW乗りの方と一緒だったので、コンビニ行ったり(宴会物資調達のため)しながら搭乗手続きの時間を待ちました。

17:00受付開始の名古屋港からはバイクが先に乗り込みだったので
直ぐに乗り込みました。

取り敢えず風呂に入りますw
風呂あがりにビールで乾杯!

夕飯は、バイキングで。
このバイキング、夕食と朝食or昼食を同時に申し込むと、船内クーポン500円もらえます。
カフェスタンドでも使えるので、朝はスタンドで食べようとなりました。

さて夕食のバイキング。
まぁまぁ美味しいですよ^^
お酒もかなり置いてあり、コンビニ行く必要は無かったですねぇw

さぁ宴会じゃw
ファイル 278-2.jpg

レストラン終了時間までじっくり宴会しましたとさ^^

 

こうして、初日終了です。

フェリーで宿泊したのはS寝台。
鍵は無いですが個室です。
TVに電源もあります。
スリッパ等は無いので、持って行く必要があるでしょう。
売店で売ってたけどね。
お風呂はほぼ24時間営業。
「いしかり」のほうにはコインランドリーもあります。

さぁ2泊3日の船旅開始であります。
初日は宴会もし、眠りに着きますが・・・・

こうして雨の中、私の北海道ツーリング開始であります。


今回は1日毎の出来事を上げていきます。
写真が多い時は、HPにギャラリーページを作り
そりらにリンク出来るように書きます。

2週間の書き込みにお付き合い頂ければ幸いです。


次回は、結構楽しめるぞこの船!です^^

北海道ツーリング 2012。その0。

只今帰宅しました。
6月16日に出発し6月30日に帰宅の2週間です。
(フェリー乗船期間が4日です)
出発時5428km。
ファイル 277-1.jpg

帰宅時8183km。
ファイル 277-2.jpg

総走行距離、2775kmでした。

色々まとめながら、ゆっくりアップしていきますので
お付き合い頂けると幸いですw

取り敢えず・・・・・寝る^^

道東から、こんばんは。

とあるキャンプ場のバンガローから投稿。
今、困ってます。
バンガロー内火気厳禁なんだが、蚊が入り込んでいるんだけど、蚊取り線香たけなーーい!!

などと、くだらないことを投稿してみた。

とりあえず、元気です(^^)

初日、快晴。
二日目、曇りのち晴れその後雨。
三日目、ずっと雨。
四日目、曇時々小雨。

上陸後こんな感じです。
プラス、寒いんだよ!
日中8度とか。

10度くらいは気温差あるかな?って思ってたけど、二十度差はないわー^^;

気温が上がり、天気を祈りつつ寝ます。

ファイル 276-1.jpg
汗だくでこんな感じに設営した初日が懐かしい^^;

ご近所?キャンプ。笠置キャンプ場。その2。

キャンプ場内を散策。
炊事場は広いよ。
トイレは仮設トイレ。トイレットペーパー無いから^^;
ゴミは分別で捨てれます。
キャンプ場内に自販機はありません。
まぁ徒歩3分に酒屋があるけどねw
パターゴルフコースが場内にあって、そこはテント不可ですw
河原付近は石だらけで平地が少ないよ。

など、散策を終え夕食準備。

まずは、買った野菜の下ごしらえ?
ファイル 273-1.jpg
大和まな、って野菜と豆。
これは、お浸しにして食べるのが良いそうです。
冬場が甘くて美味しいらいい。

なので茹でますw
豆も茹でます。鞘ごと食べれるけど、筋は取りました。
ほうれん草と調理は一緒です。
鰹節あれば良かったなぁ~
水でシメて、よく絞って軽く醤油かけて完成~
豆は、塩コショウと少量の醤油で食べました。
ファイル 273-2.jpg

食べながら、ご飯炊いてます。
炊きながら、肉の仕込み。
大きめの鶏肉なので、多少煮た感じで行こうかとw
塩コショウ醤油で袋の中で漬け込み放置。

ご飯炊けて蒸らしに入り、鶏肉調理開始~

いやぁやっぱガスだと火力調整出来るんで楽だわ^^

軽く両面焼いて、水を少し入れて蒸し焼き~
ファイル 273-3.jpg
水分飛ぶまで蒸しました。

ではいただきます^^
ファイル 273-4.jpg
柔らかくてジューシー^^ウマウマw

大体8時前くらいに夕食終えて、食器洗ってマターリタイム。

拾ってきた枯れ枝を薪に焚き火~
この日は風も穏やかで、ゆったり焚き火できました^^
ファイル 273-5.jpg

ゆったり10時くらいまで焚き火して就寝。

結構暑くなって、夜中にシュラフからシュラフインナーにチェンジ。シュラフは布団とした。

翌朝6時半起床!!

微妙な天気・・
空気感は雨降りまっせ~な感じ?

Xバンドで確認。
わお!
雨ライン直ぐ南じゃぁないか。

テント乾燥な雰囲気は無く、とっとと撤収せねば!
でも、コーヒー飲んで寛ぎます^^;;;;

結局8時過ぎに出発。

午前中だし、針TRSで朝ごはん。
すると、降り出しました雨が・・・

まだ小粒だけど結構降ってる。

これは・・・

タイヤの雨天テストじゃぁ~
よっしゃ!
雨走行にレッツラゴー~

数分後・・
う~ん・・・
良いんだけどさぁ

小雨が降ったり止んだり。
路面濡れてるのでタイヤテストにはいいんだけど。


何よりも、カッパが脱げない!!
結局、帰宅までカッパ着てました^^;;;;

雨模様な天気だし、来る時と同じルートなので写真なし^^;;;

タイヤは問題なし。
良い感じでした^^


さて、前々から思っていたが、やっぱタープ小さいのw
テント覆う形でポール2本で立てると、テントのフライが張れない。
後50cm長さが欲しい。

テントの前室を無しにすれば、まぁ行けるんですが狭いのだ。
独立タープで使うなら問題ないんだけどねw

どうしようかな~




ん?
このサイズは!!
お!
この重量は?
え?
この価格は?

ポチ^^;;;;;;

ご近所?キャンプ。笠置キャンプ場。その1。

cuULz bedが中国テントに入るのは、前回のブログで書いたが
実際寝てみないとね!

で、平日の休みを利用して行ってきました。
京都にある笠置(かさぎ)キャンプ場
京都の下の方です。

私は、関空付近に住んでますので、高速使っちゃうと直ぐ付いてしまうので、いざ都会は避けようルートで向かうことに。

結果このようになった。
大阪→和歌山→奈良→京都。
距離にして約130kmでした^^

北海道に渡る前に、色々してきた事の確認ツーリングでもあったので
曇&雨かもな天気は歓迎^^

ただ~し!!
気温は歓迎してないぞ!!
29度ってどうなの??
6月初旬やぞ!!
暑いではないか!!!

愛用の春用革ジャンにTシャツでも暑い暑い^^;;;
(出発時はちょうど良かった。ちなみに9時半です。)

170号線を通り、河内長野で371号線に。
橋本から無料高速使って五条へ。
五条から370号線。途中28号線に乗り北上。

と、風呂の文字の看板。?
ファイル 272-1.jpg
風呂じゃなくて、津風呂湖でした^^;
(お風呂もあったよw)
色々施設も充実しているようなのですが
こんなのとか
ファイル 272-2.jpg
キャンプ場はないんだよなぁ~
野宿は出来そうだったが^^;;;

1周しようとしたけど、湖1周は途中から遊歩道だったので断念。

ぼちぼちお腹が空いたなぁ~

針TRS方面へと走ります。

まぁ針TRS行けば、食べるとこ沢山あるのですが
お昼時は避けたい。

と、途中の道の駅へ到着~
ファイル 272-3.jpg
「宇陀路 大宇陀」
なんて読むの~^^;;;

うだじおおうだ。

こちらの道の駅。
足湯があるで~^^
(暑かったのでスルー)
温泉スタンドもあった。
お湯買って家で入るパターンですなw

ここのレストランでお食事。
カツとじ定食を頼んだんだが、少し変わってたw
カツとじスープ定食と書き換えたほうが良いだろう^^;
汁が多いんですw
出汁スープにカツ入れて卵でとじたみたいな?
奈良って、カツとじ、こうだっけか?
ただ、美味かった^^

最近の道の駅恒例の野菜直売所で物色。
聞いたことも見たこともない野菜をゲット!!
調理方法聞いて、買いました。
それは後ほど。

バイク乗りの聖地?
針TRSを華麗にスルーし^^;笠置の看板通りに進みます。
369号線ねw
最後は住宅街を抜けて到着~

イメージと違う・・・・・

Googleマップのイメージだと、駅前がそこそこ開けてて、温泉もあり便利なキャンプ場なイメージだったんだが^^;

それでもまぁ、酒屋あり、何でも屋ありと、買い出しは出来るかな?

ここ笠置キャンプ場は、DAYキャンプ300円。宿泊+300円です。
バイク乗入れ可。川沿いです。

こーーんな場所。
ファイル 272-4.jpg
なんちゃってパノラマw
この何処に張ってもいいよ~
と逞しい受付のおばさんのお言葉w

悩む。

入り口近くにトイレ&炊事場。
付近にしかない木陰は既にファミキャン独占状態。

ならばいっそ奥に行くか・・・
と奥に進むと、再びファミキャン^^;;;

入り口手前の、芝生っぽい場所は空いている。
(炊事場&トイレの通路に近いからねぇ)

でもいいのだ!!
と、サクッと設営

嘘です。
汗だくになりながら設営^^;

取り敢えず、買い出しに近所の何でも屋さんへw

お酒&おつまみ&肉購入。
小さいお店なので、食材の種類は少ないよ^^

さぁて飲むか^^
(午後3時半)
ファイル 272-5.jpg

お肉冷凍につき解凍中の図w


続く。

笠置キャンプ場。現場から

広いキャンプ場です。
ファミキャン数組、デイキャンも数組いましたが、どんどん減ってます。
現在こんな感じ。

ファイル 271-1.jpg

ここは正直、広い!が取り柄かな?

薪集めも終わって、夕御飯に向けてのんびりしてます(^^)

だんだん涼しくなってきてるので、焚火が良い感じになりそうです。

今回はB-6君忘れてないよ

包丁忘れたけどね^^

パッキングこうなったwその3。

最後にトップケースの中。

昔、ツーリングしていた頃は、鍵付きケースなど無く
何処か観光(降りてかなり歩くような)する場合、重いタンクバックを持ち歩き観光していました。

トップケースを導入してからは、タンクバックはケースにしまい
手ぶらで観光出来るようになった^^

なので、トップケースにはタンクバックが入る余裕が必要なので
あまり物を入れないようにしています。

キャンプ場に入る前に食材や飲み物を買った時の荷物入れにもなるしね^^

で、中身はこんな感じです。
ファイル 270-1.jpg
これでも、ゆとりある積載なので、タオル等もここの隙間に入れます。衝撃緩衝にもなるしね^^

タンクバックの中の地図は、ライトマップル北海道版です。

以前ひだんさんとツーリングしていた時薄いライトマップルを活用されていて、全体を見るにはこの地図でいいなぁ~と思っていました。薄いし軽いしwスマホで詳細は見れるしね。
タンクバック入れ替えもこの地図が入るかどうかが判断基準でした。

では中身の詳細はこんな感じです。
ファイル 270-2.jpg

自作テーブルの下に着替え2セットを入れて隙間うめ^^
インナーは、フリースに変えるかな?
気温と相談ですね。
GストーブにCB缶。これでCB缶合計で3個持っていくことになります。

実は自宅で既にGストーブで何度も炊飯&調理しているのですが、1本がなかなか減らない。
炊飯はすでに4度行なっている。
外で冷えた状況や風がある場合等の使用で変化があるでしょうが
3本あれば余裕でしょ。
1泊なら確実に1本で十分w

ランタン系はまぁ隙間うめですな。
水筒あれば、自販機で飲み物買う必要ないのでお茶パックを持っていけばエコな感じ?

左下の保温ケース内にお茶セット
ケトル・マグ・お箸・スプーン・ウエットティッシュ。
ケトルやマグの中にコーヒーやミルクやお茶パック等。
ウエットティッシュは百均で売ってるこれがいい^^
このウエットティッシュの油汚れ除去能力は凄いよー
見かけたらお試しあれw

そしてタンクバックの中。
ファイル 270-3.jpg
このタンクバック、結構良いです。
型崩れしそうにないし、中の固定ベルトやメッシュ入れなどいい作りです^^
携帯・スマホ・デジカメの充電器&USBケーブルです。
新しいデジカメはUSB充電出来ないので、シガソケ充電ケーブル追加です。
防水デジカメも持って行くかも?
雨の中撮影したい!って時活躍するでしょうし
(んな時あるんか?)
電池はエネループ+充電器と考えましたが、今回は予備電池持っていくことにした。
三脚は、ランタン吊るしたり蚊取り線香吊るしたりも出来る。
星空撮影には必須だしねw
折りたたみ傘はあれば便利。


今現在は北海道にこのようなパッキングで行こうと思ってます。
まだ行くまで時間がありますので、変更するだろうなぁ~

現在は、Googleマイマップにポイントをどんどん追加したり
ライトマップルに色々書き込み中です。
この道良い道とかw
(まぁ北海道は都会離れれば良い道だらけなんだけどねw)

出来れば、行く前に中国テントとコットの組み合わせで1泊行っときたいんだが、時間と天気が合わない・・・・

入るのは入るんですよ。
こんな感じで
ファイル 270-4.jpg
コットが組立状態でコの字に折り畳めるので出し入れは普通に出来ます。
足伸ばして寝ると、メッシュの壁に足当たるんだよなぁ~
168cmの身長で当たるってどうなの^^;;;;

なので一度行っときたいんだよねw
20年前みたいに、北海道でテント買い替えなんてならないようにw

またご近所キャンプ行っときますかね^^;;

パッキングこうなったwその2。

積載の準備が整ったので、積んでみるw
ファイル 269-1.jpg
やはりサイドバックの恩恵は大きい。
余裕でパッキングw

この状態だと、腰に荷物が全く当たらないので良い感じです。
シートバックの荷物の高さも低いので、トップケース開けるのに問題なし。

では、シート上の荷物と、サイドバックの荷物を開けてみる。
ファイル 269-2.jpg

コット。
雨に濡れても問題無いのだが、一応ブルーシートで包む。

薄いマットとあぐら椅子は、防水シートバックに入れて小さく丸める。
防水シートバックは、巨大なリュックになるので、サイト乗り入れ不可のキャンプ場や、宿泊施設の移動に便利w

テント・タープはフライやポールペグ張り綱ハンマー等を一つに纏める。濡れてもいいが、防水バックに入れる。
細かい中身はこんな感じ。
ファイル 269-3.jpg

これでシート上は終わり。
後、雨合羽やサンダルを上に薄く敷いて、網ネットを掛ける。

次にサイドバック。
左側、シュラフ・マット・ピロー。
右側、調理道具・テントインナー・ジャージ。

調理道具入れと、テントインナーの中はこんな感じ。
ファイル 269-4.jpg
百均保温バックにメスティンとフライパンにCB缶。
メスティンには調味料やインスタントの雑炊やご飯のお供等。
フライパンには、お米4合程度入ります。

テントインナーにもCB缶包む。

こんな感じな、シート上とサイドバックの中身です。

いやぁ~多いなぁ~^^;
実は、コットをあぐらイス代わりに使えないかなぁ?
と思っていたのですが、あぐらイスの代わりにはなれませんでした。
調理したりする時の椅子はあぐらイスが良いです^^
サイドバック有りの場合だと、積載に余裕が出るので
あぐらイスも問題なく持っていけるんだけどね。

あと、ハンドルにガソリン携行缶積載出来たのが大きい。

タンクバックとトップケースの中身は次回。


こんな事してる時が楽しいのだよ^^;;;

パッキングこうなったwその1。

ハンドルをノーマル切ったのに戻しツーリング行ったものの余り変化がない。
原因は、余り後ろに引いていないのだ。
シートバックに腰を押されるので、引いてなかったんだが・・

これでは意味が無い!!
なので、かなり引いてみる事にした。
具体的には、足を地面につける時、ステップの前だったのをステップの横になるくらい引いた。

当然、シートバックに腰を押される結果となるのだが、サイドバック再び導入で問題は解決するw

それに伴い、タンクバックも変えることにした。
実は現在ROUGH&ROAD RR5678 ルーティングタンクポーチを使っているんだが、2年使って思ったこと。
小型で前のトップケースに収まるサイズで良いんだが、マップが使いにくい。
ツーリングマップル入るサイズなんだが、厚みで入りにくいのだ。
しかも、字が小さすぎて見えにくい・・・
トップケースも変えたことだし、少し大きめのタンクバックを購入すべく、入れる予定の地図を持って近所のDSへ。
購入コンセプトは

A4サイズ地図が入ること。
 細かいことは、Xperiaに任せて、地図は全体が見えるものがいいかなぁと。
2段階変化など必要ないこと。
 サイズが大きくなり、トップケースに入れにくくなるので。
バン子に付くこと。

これが結構な問題でした。
購入候補のタンクバックはA4サイズが入るのに付ける足が短いのだ。
そこで脳内フル回転^^;
あ~も出来るし、こ~も出来るからなんとかなるさw
と思い購入。
DSオリジナルブランドMOTORHEAD製のマップバックMHT-02です。
安いですw
ただし、A4サイズの地図が薄手じゃないと透明部分に入りにくい。
薄手でも厳しいが少し地図の周りをカットすればOKな範囲。
いいでしょうw

バン子の付けるとこんな感じなのだ。
ファイル 268-1.jpg
後ろ足がシートにしか届かないのよ~
マジックテープをシートに回して固定も有りなんだが
脱着が面倒・・・

なので楽をするため、加工。
(マスキングテープは準備段階ですw)

要はそこにひっつけばいいわけ。
一応テストした。
シート加工で使ったシートカバーをタンクにあてがい、カバー越しにひっ付くか実験。
弱いながらもひっついた^^
後ろだし、タンクバック低いし、OKかなw

で、鉄板をシート内に埋め込む。
ファイル 268-2.jpg

なるべく薄いのを探したんだが、これでも分厚い。
ホムセン内で磁石を見つけ、持ち歩きながら色々試したがこれが一番良さそうだった。
タッカーはシート内加工用に既に購入済みw
次回のシート加工で使うんだ^^

結果こうなったw
ファイル 268-3.jpg
中にかなりの重量の物を入れ、峠を走ってきたが外れる気配なしw
取り敢えずの完成w

話が長くなったが、お次サイドバックの話。

サイドバック右側は、マフラーのお陰で、巻き込むとかの問題なし。
左側は、危ない。
ステーが無いとタイヤに巻き込まれます。
(私の使用しているサイドバックでの話)
今までは、板ステー金具をジョイントしてましたがイマイチ気に入らない。
そこに欲しいって場所に取り付けが出来なかったのだ。

サイドバックを付けて、ジーっと眺めて、ガレージ内を見渡して
あ!
これでいけるか?
と実行したのがこれ。
ファイル 268-4.jpg
荷物固定用ロープ?っていうのかな。
これを、キャリアとタンデムステップに通し、引っ張って固定。
良い感じだったので、紐自作。

結果こうなった。
ファイル 268-5.jpg
余った部分をビニテで固定。
良い感じにサイドバックを抑えています。

ザイドバック復活。

これでシートバックの荷物軽減できる~

と言ったところで続く。

Pagination