Utility

最近のコメント

Entry

2012年12月

新年会キャンプ

  • 2012/12/26 07:07
  • Posted by dai

を、小豆島でしようかなぁ~
と計画中。

1月の6日までの辺りで行こうかなあと思っとります。

詳細近日^^;

 

追記

日程が大幅に変更するかも^^;;;;

トランギア ケトル

  • 2012/12/22 19:46
  • Posted by dai

私は、Trangiaの0.6リットルケトルを愛用してます。
お湯を沸かす為だけの物ですので、クッカーでいいじゃないか?
と、言えるのですが、この小さなヤカンが気に入ってるのだ^^
珈琲いれやすいし^^カップ麺作れる量だし、レトルトカレー暖めれるし、熱燗にもいいのよw

さて、Trangiaといえば、アルコールバーナーを利用するストームクッカーなる物がある。
これに、ケトルが綺麗に収まる。
小さいサイズの物で、18cmらしいので割りと小型なんだが・・・何故鍋用の蓋がないんだろう・・
これに専用の蓋が付いてスタッキング出来れば速買いなんだけどなぁ~

要は、ケトルが収まり、蓋がある鍋が欲しいんだよねぇ~
出来るだけ小型で。

で、探すわけです。

鍋の内径が14cm。深さが7cm。

これが中々無くてねぇ~

mont-bellのアルパインクッカー14が良い感じなんだが
収納サイズと鍋サイズが同じ。って事は外寸かなぁ?
と、少し遠いmont-bellショップに確認に行ってきた。
ケトルを厚紙で測って、その厚紙を持って^^;

やっぱり、外寸・・・試しに厚紙で実測したけど、2mmほど狭い。
多分、多少強引になら入るかなぁ?

mont-bellのこの商品、高さとか、形とか、実に良いんだけどなぁ~安いしw

そんな時、これは無理っぽいなぁ~なサイズ表記の物のレビューを見つけた。
MSRのアルパインストアウェイポット775cc

HPでのサイズでは、13cmの高さ5cm。
入るはずもない。

ただ、別のサイトでは違う表記。

で、ある販売サイトのレビューを見ると、Trangiaの0.6ケトルがジャストフィットとある。

おお!

ステンレス製で多少重いが、mont-bellと比較すると、2倍以上重い・・・

が、作りが良い。
ハンドルで、蓋を押さえる感じは、鍋物の保存に良さげ。
お値段2200円と割りと安い。

ポチ

で、到着

良い感じな、スタイル^^

実測では、内径14cm(入り口13.8cm)深さ6cm(蓋含まず)

で、ケトル入れるとこうなる

一応隙間がありますので、ガリガリ擦りながら入れるってわけじゃ無いです。
蓋が良い感じに高さがあるので、きっちり蓋も閉じれます。

ただし、私のケトルは20年前のもの。
現在のケトルがジャストフィットかどうかはわかりません^^;

いやぁサイズ表記なんて、いい加減なもんだなぁ~

ともあれ、ジャストな鍋手に入ったので満足^^
鍋や煮込み系に良い感じかな。

チキンラーメンも綺麗に収まります。

 

ただ・・・蓋が熱くて持てなくなります。
これ改良できればなぁ~

 

ガソリンストーブ。

  • 2012/12/13 18:11
  • Posted by dai

123Rは燃料キャップ交換が必須。
それでも変形したタンクは治らないし、正常動作するかも疑問。
20年以上使い続けた物なので、ここは安全面からも引退さすべきなんだろうなぁ~

となると、困るのが寒い中の火気。

取り敢えずの対策として、寒冷地用のCB缶。
そして、アルコールバーナーを予備で用意ってとこかな。

幸い安い寒冷地用のCB缶トーホーゴールドが500円以下だったんで購入した^^
ひだんさんも紹介されていたダイエーに行ったが、うちの近所は無かったが
通販で合計1980円で送料無料の所があったので、消耗品+で買った。
最悪、イワタニの通常缶(コンビニで良く置いてあるやつ)もイソブタン30%入ってるので
多少の寒さならいけるだろうし。

と、これで問題は無いんだよねぇ
ガス火器なら調理しやすいし、テントの前室でも調理できるし

でもなぁ~

やっぱ、レギュラーガソリン使える火器が・・・・

とか考えちゃうんですよねぇ~

MSRのウィスパーライトインターナショナル。ドラゴンフライ
SOTO MUKA

この辺りかなぁ~(正式にレギュラーガソリン対応を謳っている火器)

で、それぞれ調べるんですが、大きく分けて
点火のしやすさ
火力の調整
パッキングのしやすさ
煤の具合

など比較していくと選べないんだよねぇ~

点火のしやすさは、どれも123Rには及ばない。(ポンピングって面倒なんだよねw慣れの問題もあると思う)

火力の調整は、ドラゴンフライが良い感じ

パッキングは、MUKA・ウィスパーライトインターナショナル。
(バーナー部に火力調整ないからねぇまぁ123Rは一体型なんでパッキングしやすいけどね)

煤の具合はMUKAが優秀っぽい

音・・・123R以上とのドラゴンフライはヤバイかも。

とまぁ、調べるとどれも決め手に欠けるんだよねぇ~

でも、一番の候補はSOTO MUKAかな。
赤ガスでほとんど煤が出ないのは手入れの面で優秀すぎる。

分離型なんで、予備タンクとして利用できるしねw

とか悩んでると、最後には、まぁ今現在困ってないしなぁ~
と結論がでるんだよね^^;

とりあえずは、寒冷地用CB缶持って、0度前後で使用可能かためすとしますか^^;

渡瀬緑の広場キャンプ場で鍋キャンプ。ついでにBBQ

秋も深まる中(冬とも言うw)鍋キャンプに行って来ました。

今年の初めに買った昨年の売れ残りウインタージャケットが良い仕事してます^^
FreeFree(フリービー)のウインタージャケット。一目惚れしてたけど高かったので
我慢してたら、半額セールしてて買った^^

さらに寒さ対策にハンドルカバー。
ちょっと変わったハンドルカバーです。
操作性は慣れればマシ程度。良くはないです。

Gパンの下は裏起毛のジャージ(近所のスポーツ店で980円なりよw)

足元は、2年前に買った防水のライダーシューズ。elfテラ01。

首にネックウォーマーをしてジェットヘルでイザ!!

日差しの弱い中、まずは橋本市へ。
AM6:00


今回行きは谷瀬の吊り橋十津川コース。
平地は良かった。
案の定標高上がるとそこそこ寒いわ^^;
それでも、ジャケット・ハンカバーと良い仕事してます。

途中のドライブインで休憩。

8時過ぎだったけど、お店空いてたので食材求めて入る。
お店の人と寒いですねぇ~と世間話してたら、珈琲入れてくれた^^
なんなら、ここでテント貼れば?と言っていただいたが、時刻は午前八時。
何かの機会があれば利用させてもらおう^^

そして、今回一番高い標高へ。
気温4度。
まぁここは仕方ない。

谷瀬の吊橋は、遠くから少しw

しばらく走って、十津川の道の駅到着~

さぁ足湯足湯~^^

こ!これは!!いつもより熱い!!
辛抱たまらん!!と数分でギブアップ。
足は真っ赤ですw

足湯で温まって、店内へ食材探し。
量が多いのばっか^^;;;

日差しも暖かくなり、ツーリング日和に^^
14度くらいまで上がったよw

気持よく走りながらキャンプイン。

テントとマットを新たにした。

寒い時期用です。詳細は後日^^

時刻は、12時前。
まずはお昼と夜の食材&酒買いに少し戻ったAコープへ。
しかし道の駅の物産コーナー期待したんだが、いいの無かった。
あっても量が多かった。

結局Aコープで全てを揃える。
熊野牛のお店が定休日だったのは想定外でした・・・・

それでも、肉・白菜・キノコ・キムチ等買って、まずはBBQ開始~アルミ鍋うどんも忘れてないよ~

鶏肉は夜兼用^^

寒くなるなぁと火気は123Rで。
BBQしながら飯炊き&締めの豚キムチ丼w

インスタント味噌汁を添えて^^

すでに動く気がないので、ビール飲んでます。
夜用のお酒も買ってるしねw

食後の運動に、薪集め~

あぐらイスに腰掛け、ラジオ流しながらゆったり過ごします。

4時過ぎに、温泉へ。
風呂あがりのビール飲みながら、休憩室でゆったり。

6時前にテント場へ戻り、さぁ鍋の開始~

1発目~

シンプルに、鶏肉・豆腐・長ネギ・椎茸
豆腐うめぇ~椎茸絶品!!鶏肉普通^^;

2発目~

きのこ鍋。シメジ・なめこ・しいたけ・その他~

いやぁ~美味いなぁ~

ここから、うどんと豚肉投入して〆るんだ~

翌朝は残り汁と残したご飯で雑炊するんだ~

とか考えていると、アクシデント!!

ん?鍋脇から火が見える?あれ?

「ボン!!」&ファイヤー!!!

123R爆発音&火ダルマ。(破裂したわけではない)

あちゃ~やってもうた~

内圧上がって安全弁作動。

取り敢えず、置いておいた水で消火。
まぁ規模は123R周囲だけなので、すぐ消えたが
鍋にガソリン臭が入り、食べれなくなった。

まぁ残り食材は、B-6君の焚き火で炒めるとして
問題は、翌朝だ。
最悪焚き火して、残り火はファイヤーピットで処分かな?

原因は、内圧上昇なんだけど、弱火での不完全燃焼時間が長かったんだろうなぁ~
はぁ・・・・

とやっちゃったもんは仕方なし

焚き火で炒めながら焚き火も楽しみ、就寝。PM10:00

新しいテントとマットは寝心地も良いな~Zzzzz

AM3:00
ザーーーーーーーー

うを!結構な雨じゃぁないか!!
一応雨漏り確認。

問題なし~

そのまま続投就寝。

朝AM6:00過ぎ。

う~ん、まだ降ってるなぁ~

持ってきてて良かった、THERMOSの水筒。まだお茶がほんのり温かい^^

テント内で、ゴソゴソ撤収準備。
マット・シュラフと畳んで、様子見ます。

7時頃ほぼ止んだ隙に、全て東屋へ~

乾ききる筈もないので、タオルで拭きとってパッキング。

雨情報見るけど、お昼まで止みそうにない。
北上すれば早めに雨は止みそう。

はぁ仕方ないなぁ~

とカッパ着込んで出発。

あ~手が冷たい(ハンドルカバー防水じゃなかった・・・)

あ~足が冷たい(elfシューズ既に防水機能が死んでる・・)

と苦戦しながら海側へ向かい、途中からあまり標高上がらないコースで北上し
こんな所で休憩。

謎のやっほーポイントw

そしてお昼前に温泉へ。

温まってお昼食べて、出発。

すぐに雨は止んで、ほっと一息。

久々に通る道を懐かしく走りながら

帰宅~

いやぁ~ハンドルカバーの防水レスはまいった。
当然防水だと思ってたのにィィ~

後、123Rどうしよう。タンクに穴は空いてないようだが・・・

 

ってな感じの鍋キャンプでした。
123R爆発以降テンション下がったのは言うまでもない。

テントとマットは良かったよ^^

では

Pagination

  • Newer
  • Older
  • Page
  • 1