Entry

小豆島宴会キャンプ。何故か寒波到来!!

う~ん。
雨は逃れたけど(超晴れ男ZZR君いたしw)寒波。

この冬に備えた防寒対策の実力を試すのうってつけじゃぁないか!
と、言い訳はこのへんにして^^;

11時15分発の姫路フェリーに乗るべく目覚ましは5時にセットし、10時前には
就寝したんだが・・目覚めは2時過ぎ・・・

いつもなら出来る二度寝ができず、仕方なく起床。

天気予報で気温など調べながら、小豆島-2度の文字に多少挫けつつ
少し出発を早めるべく準備開始。

3時間あれば付くだろうなぁ~
と思いつつ、早く着いたら姫路港近所の温泉で時間潰そう^^
などと思いながら5時半に出発。

ジャケットの中に、薄手のダウン。フルフェイスにネックウオーマー
着込んで上半身はバッチリ^^

下半身も、フィールドラカンのパンツで問題なかった^^

だがしかし、恐るべきは、大阪湾岸線の風。
電光掲示板に横風注意なかったので安心してたんだが
洒落にならん強風が・・・
あ~怖かったw

などと、思いながら阪神高速乗り継ぎを済まし、京橋PAで休憩。

第二神明に乗り、明石SAで再び休憩。
まだだいぶ早いなぁ~
と思いながら、加古川バイパス、姫路バイパスと繋ぎフェリー乗り場到着が9時前。

休憩入れて3時間半でしたねぇ~約125km。

あれ?9時45分のフェリーに間に合ってしまった^^;;;

じゃぁ乗るかなぁ~
と乗船。
久しぶりの小豆島です。

2時間の船旅を終え、到着。
取り敢えず、候補のキャンプ場見るも、遮るもの無くてここは寒いだろうなぁと却下。

ひだんさんやZZR君が到着するまで、まだまだ時間あるので、お昼を食べるべく下回りで走行開始。
すぐに、展望台で休憩^^;

 

思い返せば、これが今回唯一の観光写真^^;;;;
まぁ宴会が主目的だからいいのだ^^;;;

しばらく走ると、オリーブうどんの看板が。
これは食べとこうと、お店に入りましたが
出てきたのは、オリーブの実3個入ったうどん・・
超微妙でした^^;

再び出発。
お!今回のキャンプ予定地看板発見。

到着~
ん?受付2時から?
管理事務所内誰もいないし・・・

まぁ仕方ないなぁ~

と今回のキャンプ場。「小豆島ふるさと村キャンプ場

 

基本オートキャンプ場です。
ただし、ハイカー・チャリダー・バイカー用サイト有りで
そこだと、1泊825円(人)で泊まれます。

ここで2時間も待つのは嫌なので、ふるさと村内の道の駅へ。

喫茶店もあったので、コーヒーでも飲むかなぁ~と入ると
事前に調べてたものが・・
小豆島ご当地グルメ「ひしお丼

温かい素麺も付いて700円。一日限定5食。

注文しましたよ。
写真もございません。
まぁ、記念にどう?って感じw

そろそろいい時間になったので、キャンプ場へ。

受付で、後二台二人来ますと伝えると、今日は誰も予約ないので
オートAサイトに貼っていいよ~との事。

このAサイト。
専用のトイレにシャワーまである。
しかもシャワー使っていいよだって^^

小さなテントなら5張りはいけるスペースな芝。

本来の値段は・・まぁ調べてちょw

ご好意に感謝しつつ、設営開始~
今回は、ノースイーグル。

程なく、ひだんさん到着~
お久しぶり~

まずはコーヒー飲みますか。

飲み終えて、寝床準備完了したころZZR君も到着~

ZZR君もテント設営終了~

いやぁ~結構風が強いんですよ。

なので、宴会はひだんさんの参天内ですることになりました。
非常に助かりました。
(外でやってたら凍えてたねw)

テントも設営したし、じゃぁ酒と食料をと、買い出しに~

予定では、食材買って、一旦戻り、ふるさと村国民宿舎の温泉へって感じだったんだが・・・

戻ると、もうお風呂いいよね?最悪シャワーあるしw
と宴会準備しながらカンパーイ^^

外で炭を起こし、参天内でBBQ。
ZZR君お土産の柿の葉寿司をついばみw

肉を焼き焼き、飲む。
はぁ風が無いから参天内温かい~

数時間後・・・

む、眠い!
ここに来て、寒い中の高速走行の疲れ&寝不足が私を襲い、一抜けさせてもらいました。
お酒もかなり回ってたし^^;;;

あとで聞くと、すぐにイビキかいて寝てたそうです^^;

翌朝、3時ごろトイレへ。
寒いので、フィールドラカンのパンツ履いて再びシュラフへin。

モンベルの#5+シュラフカバー+防寒パンツ&ダウンジャケットの組み合わせで
十分事足りました^^気温は-2度だったんかな?よくわからんw

再び目覚めた時、外は既に明るかったです。7時前だったかな?

取り敢えず、朝早いので無音のアルコールバーナーでコーヒーを起きてきたひだんさんと飲む。

ZZR君は、目覚めるとシャワーを浴びてたよw

そして昨夜の残りで再び焼肉。
ここは一斗缶に炭捨てていけるので^^

ついでに、手延で太めな生素麺。
ご飯も炊いて、豪華な朝飯。

食べ終えて、ゆっくり撤収準備。

取り敢えず皆で四国上陸を決め、撤収完了。

それにしても良いキャンプ場でした。
(オートサイト利用できたのが大きいですがw)

まず、近い池田港にむかったのですが、フェリーの待ち時間が1時間くらいある。
高松行きのフェリーはもう1箇所から出ていて、調べるとここより30分早く出る。

じゃぁ向かいましょうと、土庄港へ。

途中、世界最小の海峡を見つつ到着~

さらば小豆島。

高松到着後、まず向かったのが、「手打ちうどん さか枝
お昼時だったのもあって、店内大賑わい。
ひだんさんいわく、混んでる時は、店外まで溢れるそうですw
釜玉の小を注文。うまいですなぁ~
また来ようリストに追加~^^

お次は、私的定番の「山田家」へ

奇しくもうどん巡りになっちゃいましたw

山田家でひだんさんとお別れ。

今度は花見しようねぇ~

私たちは一路徳島港へ。

16時半のフェリーに間に合うかなぁ?
と走るも、ギリギリセーフで間に合った^^

和歌山港に付いたのは18時40分。

峠を超えるときの気温は0度でした。

それでも、この防寒装備なら平気でしたよ^^

 

以上小豆島宴会キャンプでした~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし最低気温-2度ですか・・・
寒すぎるでしょw
予定では寒くて最低気温5度くらいと思ってたのにさ。
はぁ~良かった。防寒装備整えてて^^

Pagination

Comment

ひだん

おつかれさまでございました。

ピンロックシート
イイ感じで何よりです^^

daiさんからパクッたキャリア補強
なかなかうまくいきませんw

なんとか頑張ってみます。

  • 2013/03/05 00:35:28

dai

冬場のピンロックは便利ですねぇ

キャリアは多少ステーを加工してました^^;
合うステーがあれば無加工でいけると思います
http://www.henteco.sakura.ne.jp/freo/index.php/view/248
ここに載せてる以外の写真もあるので、必要なら送りますよ~^^

  • 2013/03/05 22:51:10

Post Your Comment

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
Name
Mail
URL
Comment
閲覧制限

Utility

最近のコメント