Entry

ワンポールなスタイル。その3。

連日暑さで、朝4時に目覚めるとある休みな日。

近所のキャンプ場へ、試し張りに行きました。
キャンパーいれば、早朝でもありますし、撤退するつもりでしたが
だーれもいませんでした^^
ちなみに6時前。

まずは、キャンコレフライを建てますかな。

四角なので、四隅をペグダウンして、ポール立てます。

ん?前室部分がまともにならない・・・


一箇所ペグ外して、少し緩めて、前室部分もペグダウンして完成。

やり直しも含め、7分だねw

キャンコレのモノポールテント。
ダメな所をここで少し。

フライを固定する場所が下しか無いってこと。
途中に自在ロープなどで引っ張る為の場所が全くないのだ・・・

風が強い時は、天頂部から何箇所か自在ロープで引っ張ったほうがいいだろね。

とまぁ、気になる点はあるものの、中の広さや、高さは思った通りw
良いサイズです^^

お次は、3F UL GEARですが
その前に、タープポールのちょいと工夫w

まず、ホムセンに行きフローリングの傷を防ぐ・あるいは滑らすコーナーに
行きまして、こんな物を買って来ました。

4個で198円とかでした。

そしてタープポールの先端を外します。
結構硬いが、普通に外れますw

で、中のゴム紐も含めてゴムキャップを被せて完成~


ちなみに、3F UL GEARを使う際にはここも含めて被せます^^

金具があるので上から押さえれば外れる心配も無いし、フライも
傷めない^^

と、こんな感じでプチ改造し、3F UL GEARを設営します。

付属のグランドシートとインナーを広げて
(グランドシート・・ペラペラだわこれ^^;)
四隅をペグダウンし、立ち上げ・・・・てはすぐ倒れるので
ポールを一箇所引っ張って自立。

完璧な一人用であります。
(ホントは各部の実サイズ測るつもりだったんだが
メジャーがお留守番していたのは内緒だ!!)

ではフライを被せてみよう。

微調整すれば、ピシ!っと建つでしょう^^
こちらは、途中に自在で引っ張るための箇所があり
インナーをフライト固定させる留め具もついてます。
(無しでも問題無さそうだけどねw)
なかなか、痒いところに手が届いています^^

さて、中に入ってみました。

私、168cmですので、頭や足がネットに当たること無く寝れます。
中央部分は起き上がっても頭が当たりません。
一番高いところで125cmあるので、あまり圧迫感も無いよ^^
フルメッシュだしw

テント内で何かしようって気になるサイズでは無いですが
寝るだけなら十分ですなぁ~
小さいながらも全室もあるので、収納サイズ考えると非常に優秀かと^^

残るは、キャンコレ内に3F UL GEARインナーを入れてどうなるか。
こうなった。

床を固定していないので、はっきり言ってわからんが^^;
ゴムフック作って、引っ張ればいい感じになるだろう。

ペグで固定して、試そうとも思ったが
暑いんだわ!!!!
7時前なのに暑いんだわ!!

もうね、標高低い場所のこの時期キャンプなんて、私的にはありえない・・
確か、100mで0.6度下がるはずなんで、1000mは標高上がらないと
この時期のキャンプはヤダねw
アブも多いし・・・

ってな感じで、試し張りに行って来ました。
実際にキャンツー行くのが楽しみです。

ではまた。

Pagination

Comment

ひだん

ご無沙汰です^^

連日の猛暑、バイクに乗るにはある意味キケンを感じて放置だった ひだんですw

毎度のことながら同じこと考えていることが多いんですねdaiさんとはw

軽量モノポールテント調査した結果 仕様や考えは全くの一致でしたね。

今後の改良ネタ 楽しみにしています

  • 2013/08/20 10:26:27

dai

連日暑いですねぇ~
同じく、危険を感じキャンツーには行ってません^^;
モノポールテントは、ある意味、ミニピーク無くて良かったと思ってますw
改良は、現地で行う予定なので、9月に入ってからか
標高上げたキャンプ上でする予定ですw
涼しくなったら宴会しましょw

  • 2013/08/21 19:51:47

Post Your Comment

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
Name
Mail
URL
Comment
閲覧制限

Utility

最近のコメント