Entry

ちょいとキャンツー。in生石高原。

今回のルート。


大きな地図で見る

休みである。どうやら2日とも晴れっぽい。
では行きましょう^^

準備はある程度してました。(良さそうなお肉を買い冷凍。)
これで準備は整った!!と言ってる自分が笑えるw

今回の主な目的は、新しいテントでの寝心地だ。

まずは、一人用超軽量コンパクトテントでの寝心地実験だ。
(ホントはBBQしたいだけだったかもしれない^^;)

いつもと少し違うルートで生石高原到着~
丁度お昼ごろ。

さて、生石高原キャンプ場。
いつもと違う・・・・・・

まず、有料になったこと。
そして、サイト指定されたこと。

 全体的に区画化され、指定区画でのキャンプのみとなってしまった・・
上記の小区画は4箇所程度しか無く、しかも端っこの山側・・・・

もうこの点が残念極まりない。
これで、近所のお気楽キャンプ場が一つ減ってしまった・・・
残念。

ってことで指定区画での設営開始~

一区画の広さはご覧のとおり。
ソロキャンプなら十分だし、複数でのキャンプでも、区画を共有すればかなりの広さがあるので問題無いでしょうね^^

さくっと、建てた。


慣れちゃえば、すぐ立てれるな^^
ペグダウンの数は、ドームテントと変わりないし。
でも、付いた時間はお昼すぎ。
はっきり言って日差しがキツイ。

なので、持って行ったタープとの連結を試みた。

少し枠内はみ出てるのはご愛嬌w(ガラガラだったのでw)

バイクとの組み合わせで、高さも確保し、ハイランダーminiタープが丁度良い感じで組み合わせられます。
一人なら広さも十分。

中はこんな感じ~

テントのインナーをフライのフックに引っ掛ける場所が何箇所かあって
それすれば、室内の空間をかなり広げられます。

それでも面積に変化はないので、正直荷物を全く入れなければいい感じです。
入れたとしても、頭の部分にタンクバックや、衣類など置く程度かなぁ?
実際は寝る脇に、衣類や小荷物置いて寝たんだけど
中心に体を持っていけないので脇には置かないほうがいいかと。
寝返りうって、ポール倒した的なオチは無かったけどね^^;

と、タープも立てて落ち着いたので、まずは珈琲。

気温は34度を指しているが、当てにならん。
そこまで暑くはなかった。

それにしても裏が茂みのせいか、アブが良く偵察にやってきた・・・
羽音がずっとしてたので、茂みの中に巣でもあったんかなぁ?
やっぱ網なしのテントは私には無理w虫きらーい!!

といった所で、遅めのお昼。
写真無いけど、昆布出汁の湯豆腐とおにぎりw
この中に入ってます^^;;;

炭起こししながら~
いやぁ~新品炭は湿気ないのでよく燃える^^
そういえば、生石高原に至る道筋に、炭売ってます看板の家があるので
少量の小売出来るか、今度よって聞いてみよう。

昼食後は、ラジオ聞きながらまったりタイム。
こういう時は、ラウンジャーベット持ってくるんだったなぁと思う。
あぐらイスでもかなりの満足感あるけどね^^

と寛いでる間に炭も仕上がってきたので、BBQ開始~
ネギタン塩~


ちょっと良さげな椎茸~

汗かいてきたら醤油をたらして美味しく頂きます^^

とのんびりBBQ楽しんでます。
ああいい夕日だ^^

さて私はこの日寝不足でした。
久々のキャンプだったんで、寝付き悪かったんだよねぇ^^;;;;

よって、9時には爆睡しておりました^^;;

目覚めたのは、朝5時。
フライシート及びタープの内側はかなりの結露。
風が無かったので仕方ないねぇ~
テント内想像以上に暑かったんだよねw
結構汗かいてたし。

まずは珈琲飲んで、朝の生石高原を満喫w
陽が登ってきたら、色々乾かして、撤収準備。

8時頃撤収終えて出発ー

温泉入りにいくべーw
実は初めて入る龍神温泉元湯に到着~

さすが美人の湯。辺りは美女だらけだったと思うのは妄想だろうか^^;;;

日帰り入浴700円なりよ。

ゆっくり休憩後、高野龍神スカイライン経由して高野山へ。
スカイラインは流石に平日だけあって空いてた^^
途中でイノシシ丼食べて、クネクネ道走って帰宅~

3時頃。
テントやらタープやら干して今回のキャンプ終了~

さてこのテント。タープと組み合わせれば十分キャンプを楽しめるテントだねw

テントだけなら、寝るだけテントだ^^;;
お湯沸かすセットだけ持って行ってカップラーメンにおにぎり的な
キャンプが似合うw
基本は宿泊なツーリングのお供にいい感じw
なにせ、軽量コンパクトw

さて、次回は、トンガリテントとこのテントのインナーの組み合わせ実験かなぁ~
もうちょい涼しくなったら行こう^^

ではまた。

 

 

Pagination

Comment

ひだん

楽しめたキャンプで鳴りよりでしたね^^

宿泊場はお気軽キャンプでは重要な要素ですから、有料化や場所の縮小は萎えますよね~。
新たな開拓スピリットを沸かしてくださいw

次の記事楽しみにしています^^

  • 2013/09/13 12:35:30

dai

めげずに新しい場所探します^^
南に下れば、潮岬があるんですが・・・
次回行くかもですw

  • 2013/09/13 22:17:29

Post Your Comment

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
Name
Mail
URL
Comment
閲覧制限

Utility

最近のコメント